Rの制御文

R言語の制御文

 

if文

if (x == 10) TRUE else FALSE

 Rのif文もC言語のものとよく似ています。 条件式の比較にはC言語でお馴染みの == != < > <= >= とか && || ! も揃っています。 また、elseの部分はあっても無くても良いようです。

 

文を1つにまとめるには、{ } で文を囲います。

if (x == 10) {

  a <- 5

  b <- 25

} else {

  a <- 3

  b <- 9

}

 

while文

C言語でもお馴染みの while ループです。

i <- 0

while (i < 10) {

  i <- i + 1

  print(i)

}

 これは1〜10までの数字を表示します。

 

ループを途中で止めるには break文を、ループをスキップするには next文(C言語の continue文に相当)を使います。

 

break文の例:

i <- 0

while (i < 10) {

  i <- i + 1

  if (i == 5)  break

  print(i)

}

 next文の例:

i <- 0

while(i < 10) {

  i <- i + 1

  if (i == 5)  next

  print(i)

}