switch文

R の switch 文です。 switch文というよりも関数というところでしょうか?

switch(statement, list)

 具体的に

switch(x, 11, 22, 33)

 値で、リストの要素を返す、それだけです。

値がリストの範囲外にあると NULL になります。

 

値は文字で指定することもできます。

switch("x", x=50, y=33, -1)

 この場合、50が返されます。

対応する値がない場合には、指定がないデフォルト値(?)になります。

(デフォルト値もなければ NULL です。)

switch("z", x=50, y=33, -1)

 この場合は -1 です。